>

大型家電を回収してくれる業者はどこか

大型家電を回収してくれる業者とは

さて、大型家電を「回収」してくれる業者として真っ先に思い付き、かつ安全なのはリサイクルショップです。
確かに持っていけば引き取ってくれますが、いくつかポイントを押さえておきましょう。
(1)小型冷蔵庫が人気
リサイクルショップは140Lで2ドアの小型冷蔵庫を特に求めていますので、不要である人は持っていくと歓迎されます。
(2)扉の縁などが変色していないか
「焼け」と言い、冷蔵庫の扉の縁だけが変色してしまう劣化の一種なのですが、これらが発生していない綺麗な冷蔵庫は、積極的にリサイクルショップでも引き受けてくれています。
(3)製造年式
主に製造3年~5年以内の家電、冷蔵庫を回収すると範囲を決めている業者が多いようです。
(4)水受け皿
冷蔵庫の下に設置する水受け皿ですが、これが無いと故障の原因になるので、このパーツが無いと引取が厳しいと言われてしまうので、必ず確認しましょう。

大型家電回収の流れを知る

回収業者の訪問に任せる場合はまずは問い合わせをします。
回収業者は、概ね所在地の県内を訪問範囲としている場合が多いので、検索では「自分の居住地+回収業者」と検索するのがおススメです。
いくつか検討したら、会社に問い合わせてみましょう。
次に訪問して見積もりをします。
概ね見積もりは30~1時間ほどで終了するとしている業者が多いです。
見積もりは重要で、必ず行っておきましょう。
家電のサイズ次第で料金が変わる場合があり、サイズが大きければ、何より家から出すための方法を、業者は検討しなければいけないからです。
そしていよいよ当日に業者が訪問し、回収作業が始まります。
回収業者は、運び出す前と後に必ず、回収物品はこれでよいかどうかと、現物のコンディションを確認させてくれますので、必ず立ち合いましょう。
最後に部屋掃除と清算をして終了という流れです。


この記事をシェアする